« 大宮散歩、続 1 | トップページ | 上だけ食べる »

2018年5月 4日 (金)

桜の種類ー石ずり枝垂れ桜

桜の種類を調べてみると、思った以上にあり、桜の原種は約100種類もあり、その原種の桜が交配し100種以上が野生化しているという。
この野生の自生種を「山桜」といい、この「山桜」をもとに、さらに人の手で交配して作られた栽培品種、園芸品種を「里桜」といい、300種里以上もあり、「八重桜」とは八重咲き桜の総称という。
日本三代巨桜(1922年10月12日に天然記念物になる)
山高神大桜 山梨県北杜市武川町
エドヒガンの古木、樹齢1800年〜2000年
1990年に「新日本名木100選」に選ばれる
薄墨桜 岐阜県本巣市(薄墨公園)
エドヒガンの古木、樹齢1500年以上
蕾は薄い桃色〜満開に成ると白色〜散る頃には淡い墨色となる
三春滝桜 福島県田村郡三春町
エドヒガンの変種の紅枝垂の古木 樹齢1000年以上
広がった枝から淡紅色の花が滝が落ちるように見える
主な種類と花言葉
ソメイヨシノ(染井吉野)。。。桜前線の基準となっており日本を代表する種類
 花言葉:「純潔」「優れた美人」
シダラレザクラ(枝垂桜)。。。枝が柔らかいため、花の重みで枝が垂れている姿が特徴
 花言葉:「優美」「ごまかし」
ヤエザクラ(八重桜)。。。花びらが重なって咲く八重咲き桜の総称、100枚以上のもあるとか
 花言葉:「豊かな教養」「善良な教育」「しとやか」
カンヒザクラ(寒緋桜)。。。中国南部から台湾にかけてが主な生息地である種類のカンヒザクラ
 花言葉:「艶やかな美人」
ヤマザクラ(山桜)。。。ソメイヨシノが増える前の時代には、お花見する代表だったヤマザクラ
 花言葉:「あなたに微笑む」「高尚」「淡泊」「美麗」
森の人

« 大宮散歩、続 1 | トップページ | 上だけ食べる »